キャンプギア

水切り世界チャンピオン橋本桂佑さんのWaterRipper考察

水切り世界王者の橋本桂佑さん @mizukiri_hakei

に水切り専用ボールWaterRipperの水切りメカニックについてWire.jpのブラウン大学工学部とユタ州立大学(USU)「Splash Lab」、米海軍水中戦闘センター(NUWC)3者共同研究記事を元に深い考察をしていただきました。

トミージョン手術をする選手も多い水切り業界で勝ち続ける橋本桂佑さん

ダルビッシュ有投手や大谷翔平選手のようにトミージョン手術をする方も多い過酷な水切りトッププレイヤーの世界。
そんな強者だらけの中で長年勝ち続けられている橋本さんの言葉はとても重みがあります。
橋本さんの水切りYoutubeチャンネルも必見です。

WaterRipperは米国縫製特許US8388475B2を取得しており、水切りに特化しているのが特徴です。

WaterRipperという水切りボールで遊ばせてもらいました。適当に投げても勝手に良い感じに跳ねてくれるのでとても面白いです。水切り感が変わるかもしれません。
ちなみに、Ripperというのは、「切り裂く人」という意味のようです。(ジャック・ザ・リッパーと同じですね)
まさに「水切り」のボールと言えるでしょう。

「水面に石を跳ねさせる遊び」は世界中で行われていますが、案外、この遊びを「切る」という言葉で表現しているのは、日本の「水切り」、「石切り」くらいなものです。
開発者がこの言葉を知っていたか、偶然かはわかりませんが、「水切り」をしている我々にこそ、なじみやすいかもしれません笑(橋本桂佑さんツイートより引用)

ジャック・ザ・リッパーは名探偵コナンの映画でも出てきましたね。
確かにWaterRipperという名称自体が直訳すると「水切り」になるので、日本語ととても親和性が高いです。

水切りにおける「会心の一撃」の概念を言語化すると?

WaterRipperで会心の一撃

WaterRipperで会心の一撃

Makuakeプロジェクトページの表紙画像には橋本さんの「会心の一撃」というお言葉をそのまま活用させていただきました。
その会心の一撃の概念をさらに噛み砕いて言語化していただいたツイートです。

無心で思いっきり水面に叩きつけるだけで、面白いように会心の一撃を放てるのはなんとも言えない爽快感があります。

5月29日までMakuake先行割引販売中

米国縫製特許を持つ本格派水切りWaterRipperボールは、より遠くまで飛ばしたりバウンディング回数を競うもよし、家族の団欒コミュニケーションの一環として使うもよしの夏キャンプに新たな彩りを添えるアイテムです。

5月29日までMakuakeプロジェクトにて先行販売中です。

詳しくはコチラ

 

圧縮LEDランタン
圧縮LEDランタンは圧縮・空気入れ・ランタン機能がこれひとつの新キャンプ必需品!

インフレーターマット空気抜きに使える圧縮LEDランタンって何? 圧縮LEDランタンとは、以下3つの機能がひとつにまとまった最新のアウトドアガジェット。 5月末までの期間限定クーポンコード「 G1Q0M ...

続きを見る

-キャンプギア