ソロキャンプ初心者が準備すべきものと心得

「ソロキャンプ初心者が準備すべきものと心得」のアイキャッチ画像

はじめてのソロキャンプ。

期待と不安が入り混じってドキドキですよね。

テントの設営から食事、睡眠まで全てひとりで過ごすソロキャンプで、初心者が準備すべきものと心得をキャンプ先輩に聞いてきました!

levecolle-camp

しるみしるみ
備えあれば憂いなし!知っていると知らないとでは差が出るソロキャンプ準備品はこちら!

 

準備すべきもの

 

「最低限これは準備するべき!」と先輩キャンパーが教えてくれたのは、次の7つです。

 

テント

寝袋

簡易チェア

テーブル

ランタン

シュラフ

調理用バーナーやバーベキューコンロ

 

 

さらに、これを持っていくと安心!便利!というものがあるのでご紹介しますね!

 

即席めんやそのまま食べられるお菓子
→初心者で火起こして調理は意外と難しい。空腹になって困っても周りに人が居ないと助けて貰えないので、予備として持っていくといざと言う時に役立ちます。

 

ラジオやタブレットなどの情報を得る事が出来るもの
→スマートフォンは多くの人が持っていくと思いますが、いざとなった時に情報が得られるものは予備的な意味を含めて持っておいたほうが良いと思います。

 

虫よけグッズ
→森の中には年中蚊がたくさんいますので虫よけを忘れると最悪なキャンプになってしまいます。昼間は自宅で使うような大き目の蚊取り線香でOK、夜テントで寝る人には火がでない吊るすようの虫よけグッズをお勧めします。

 

Todoリスト
→ソロキャンプでは当たり前ですが、自分でテントの設営をし、火の用意、人によってはタープの設置を行う必要があります。「備えよ常に」とは言いますが、ソロキャンプでやりたいことをリスト化し、大体の予測時間に沿って荷物の準備をした方が荷物も少なく心地よいソロキャンプが出来ると思います。

 

しるみしるみ
万一に備えての準備品らやりたいことリストは大事です!

 

ソロキャンプ初心者が持つべき心得

 

心得は道具を極力減らすことです。慎重に道具を選んで自分好みのキャンプ道具を揃えていくのがいいとおもいます

 

 

キャンプ場などの口コミは目を通しておいた方が良いです。とくに女性ソロキャンパーは何かと心配なことも多いと思うので信頼できる場所か、リサーチしておくことが大切です。

 

ソロキャンプ初心者が準備した方がいいもの。まずは「不足を楽しむ!」という心構えではないでしょうか!
いきなり全て揃えるのはなかなか厳しいので最低限のものだけ持ってキャンプしてみてはいかがでしょうか?

 

時間がかなり長く感じるのでその時間を楽しむ。普段一人の時間がないのなら焚き火に当たりながら物想いに耽るなど。

 

心得はあくまでキャンプは楽しむ事が目標なので怪我なく安全にやることです

 

普段は時間が決まっていて何かに合わせて行動することが多いならソロキャンプは思い切って予定を決めずに自分だけの時間軸で自由に動いてみるもの楽しい過ごし方です。一人なのでなにかと心配になるかもしれませんがいつもとは一味違う体験ができると考えて身まかせて面白がってみることも素敵なソロキャンプになる秘訣です。

 

ソロキャンプ初心者は最初はキャンプ地で料理はせずただキャンプとはこういう場所で行うのだなという感じで雰囲気のみを楽しむ事をオススメします。環境に慣れソロキャンプとはこういうモノなんだと理解出来ると自然に次回は料理を作ってより快適なソロキャンプをしようという考えになります、同時に何が必要なのかも必然的に考えるようになります。

 

しるみしるみ
自然の中で過ごすひとりの時間が、贅沢に思えるかどうかが鍵ですね

 

先輩キャンパーからのアドバイス

 

ソロキャンプ初心者は防寒対策をしっかりされた方がいいと思います。ただでさえ1人で寂しい夜に寒かったら寂しさが倍増してしまいます。真冬は対策しているかもしれませんが、夏場でも山間部になると夜は思っていた以上に冷え込むことがあります。

 

初めはちゃんと施設の整ったキャンプ場(ソロキャンプも可能な)を利用する方が、治安もよく衛生面でも管理がされていて便利です。やっぱり1人だと事件事故に巻き込まれたりと治安の問題もある場合があります。安心してキャンプが楽しめるように、初心者はちゃんとしたキャンプ場予約をオススメします。

 

【まとめ】備えあれば憂いナシのソロキャンプ。安全に過ごすための準備が必須。

levecolle-camp

いかがでしたか?

ソロキャンプを存分に楽しむ前に、まずは安全にキャンプを行うことが必須条件ですよね。

まずは環境の整った場所でキャンプを始める、装備は万全に、もしもに備えたシミュレーションをしておく、などひとりで過ごすための心得も大切です。

自分のペースで自分の好きなことを楽しめるソロキャンプ、本記事がさんこうになれば幸いです。