【中止?続行?】雨キャンプを100%楽しむ方法を先輩に緊急調査!

「【中止?続行?】雨キャンプを100%楽しむ方法を先輩に緊急調査!」のアイキャッチ画像

「せっかくのキャンプなのに雨が降ってる…(泣)中止にするべきかなぁ??」
なんて考えていませんか?

キャンプ=天気が良くないと楽しめない!と決めつけてる、そこのあなた!
実はそれな大きな間違い。

雨だからこそ楽しめることも、実はたくさんあるんですよ♪

levecolle-camp

levecolle-camp

今回は雨キャンプを楽しみ方を調査しました。
是非参考にしてみてくださいね!

 

 

 

トランプなどのアナログなゲーム

Wi-Fiがあっても敢えてつかわないで、スイッチなどは禁止にして、トランプやボードゲームなど、アナログしばりでゲームを楽しむ。黒ひげききっぱつとか、人生ゲームとかも年代を問わずたのしいです。

 

キャンプの時に雨が降ってしまったら、外でバーベキューもできず、残念なことになってしまいます。そこで、雨キャンプでは、カードゲーム「ウノ」などをバツゲームを設けて、やると意外と楽しいと思います。是非、皆さんも試してみてください。

 

テントの中で親子でトランプをしたり,折り紙や絵を描いたりしてまったり過ごすことができです。

 

カップルや夫婦だけで音を楽しむのも良いですが、家族で行ったときは家とは違う狭い空間に家族が身を寄せ合い会話だったり普段ならやらないような指ゲームだったりしりとり等、トランプなども良いですが物を使わない遊びを家族、円になって出来ますし密な空間で触れ合う時間や空間で絆も深まります。

 

 

しるみしるみ
Wi-Fi環境ではないからこそ楽しめるゲームもたくさんある♡

 

 

 

自然の音を楽しむ

 

雨だと星は見えませんが、雨の音やしんみりしている雰囲気も、楽しむことが出来ます。

 

キャンプで雨だと、嫌がる方も多いと思います。しかし、そこがメリットの部分がありキャンプしてる人が少ないため静かに過ごす事ができます。そして、雨の音を楽しむ事ができます。なかなか雨の音を楽しむ事はないので、良い機会になると思います。

 

激しい雨でなかったら、入り口は開けて雨の音を聞きます。木の枝や葉に雨が当たる音は、町で聞くのとは全く違います。

 

雨キャンの楽しみ方はまず音です。
テントにあたる雨音と自然の木々にあたる雨音、そして焚火の燃える音と聴覚のみで楽しむことが出来ます。

 

一瞬嫌われそうな雨キャンですが、タープを張り、雨の音に耳を澄ますと中々良い音がします。スマホ等で録音すると、もっと良い音がします。そして、雨にも負けない程の炎を作り焚き火をすると何とも言えない特別な気持ちになるのです。雨の中でも、火を灯せている自分に酔ってしまいます。雨音と焚き火の音を同時に聞く事が私の醍醐味です。

 

激しい雨でなかったら、入り口は開けて雨の音を聞きます。木の枝や葉に雨が当たる音は、町で聞くのとは全く違います。

 

 

しるみしるみ
雨の音、焚き火の音…耳を澄ませて音を楽しむのも贅沢な時間になります♪

 

料理を楽しむ

levecolle-camp

levecolle-camp

 

屋根付きのロッジなどを借りて、バーベキューをしたり、パエリアを作ったり、雨の音や景色を楽しみながらコーヒーやビールを飲んだりすることにはまっています。それに加えて肌寒い時はポトフを作ったり、季節に合わせた料理を楽しみます。

 

雨キャンプの楽しみ方はやはりスミを囲って、ゆっくりパーティーをするコトだと思います。
おもてで遊べない分、しっかりターブをはって雨よけだけは万全にして、あとはのんびりと
パーティーです。屋外の餃子パーティーなども雰囲気だけで餃子が美味しくなります!

 

 

しるみしるみ
外に出て遊べないなら、食事を楽しむ!!雨の音を聞きながらゆっくり料理を楽しむのもアリですね♪

 

 

 

テントの中でゆっくり過ごす

levecolle-camp

levecolle-camp

一人の場合はテントに当たる雨音を楽しみながら温かいコーヒーを飲み、好きな本をゆっくり読む時間がとても癒されます。二人以上の場合は、雨が降っているからこそテント内の空間が特別に感じ、話に集中することができます。雨がよい具合にBGMになってくれることで気持ちが休まります。

 

ちょっとくらいの雨とかなら、雨の音を聞きながら読書はいいですよ。
寝ながら雨音を聞いて読書をするこれはなかなかいい

 

小雨のキャンプは静かで好きです。タープの下でジャズを小さくかけながらコーヒーを飲んだり静かな空間を楽しみます。

 

お香を焚きながらプロジェクターを使って映画を見ます。部屋の中でコーヒーを入れるのも好きです。

 

テントの中でゆっくりします。好きな音楽を聴いたり友達と話したりします。時間がゆっくり流れるのを感じて、いつもよりのんびりできます。

 

 

しるみしるみ
テントの外でゆっくり過ごすのもいいけれど、テントの中も工夫すれば贅沢な空間に早変わりしますよ!

 

 

雨だからこそ外を楽しむ

 

こどもがいるので、雨の日は思い切ってレインコートと長靴を履いて雨の中散策します。運が良ければカタツムリやカエルがいることもあります。また、池があれば雨粒でわっかが出来たり、雨の音をしっかり聞いて楽しめます。また、一緒にキャンプ場の窓にテルテル坊主を作ってぶら下げて楽しめます。

 

シーズンにもよりますが、私の場合夏場であれば雨は特に楽しみ方には影響しません。汚れるも慣れるも同じだと思って、小雨の森をレインコート羽織って普通に散策とかしますし、子どもは沢などで構わずに遊べます。

 

子供3人(小学生二人、幼稚園1人)連れてキャンプを楽しんでいます。キャンプは自然を楽しむ物だと思っていますのでカッパを着込み雨を楽しみます。子供達も雨の中カッパを来て外で遊ぶ非日常を楽しんでいます。

 

レインコートを着て、雨の中出てくる虫を探したり、雨だと虫はどこにいるのかを探してみる。雨が木や葉っぱに落ちる音を楽しむ。自然の中で雨がどのように降り注ぎ、どこに流れていくのかを静かに観察することも楽しい。

 

しるみしるみ
小さなお子さんは、テントの中でじっとしているのもなかなか難しいもの。それなら外に出て雨を楽しんじゃいましょう♡色々な発見があって楽しいですよ!

 

 

まとめ

levecolle-camp

levecolle-camp

いかがでしたか?

天気に恵まれなくても、キャンプには色々な楽しみ方があるんですね!

雨の音を聞きながら、ゆったりとした時間を過ごす。
家族やパートナーと触れ合う時間を満喫する。
料理を楽しむ。
雨ならでは自然を探索する。

雨はあなたに贅沢な時間を与えてくれます。

 

しるみしるみ
今までは雨が降ると少し気分が落ち込んでいたけれど、これからは雨でもキャンプが楽しくなりそう♪

 

ぜひ雨キャンプを楽しんで、素敵な思いでを作ってくださいね!